NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 07 月 19 日
可児高校 普通科合格 合格
細田 空見さん(東可児中学校卒)

 私は、可児高校普通科に合格することができました。このように、自分の志望校に合格することができたのは、東進の先生方、東進での仲間のおかげです。
 私が東進に入ったのは、中学3年生の夏期講習からです。初めての塾だったので、こんなにも大変だと思いませんでした。夏期講習は朝から夜まで勉強ばかりで、私は頭がはちきれそうでした。しかし、夏期講習を頑張った結果、テストの点数も上がり、自信につながりました。また、夜遅くまで塾に残って勉強していく仲間の姿を見て、私ももっと頑張ろうと思えました。
 私は東進に行くことが嫌ではありませんでした。東進に行けば、自然と勉強のやる気が出ます。それは、一緒に受験に向けて頑張っている仲間、そして全力で教え、力強い言葉をくれた先生方がいたからだと思っています。
 2月から3月は、受験がどんどん近づいてきて、家にいても気持ちが落ち着きませんでした。家で勉強をしていても、「落ちたらどうしよう・・・」というネガティブな気持ちばかり考えてしまい、何を勉強したらよいか分かりませんでした。でも、そんな時に東進に行くと、不安の気持ちはなくなりました。東進には、いつも私たちを支え、応援し続けて下さった先生方がいます。一緒に頑張り、励まし合ってきた仲間がいます。だから、受験1週間前や前日になっても、あせりはなく、「頑張る」という気持ちの一言でした。入試当日も、少しの緊張はあったけれど、自信をもって全力を出すことができました。
 このように、受験に自信を持って臨めたのは東進のみんなのおかげです。私は本当に東進に入って良かったと心から思います。今まで本当にありがとうございました。高校でも、東進で頑張ったことを忘れず頑張ります。