NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 07 月 17 日
多治見北高校 普通科合格 合格
土本 倫太郞(陶都中学校卒)

 「あったー。」あの瞬間のよろこびはきっと僕の大切な思い出になることでしょう。そして、合格発表のあの瞬間を喜びの気持ちで過ごすことができたのは、東進とそこでの自分のがんばりと、いつも弁当を持たせてくれた母のおかげだと思います。他にも、支えてくれた人は多くいます。本当に感謝しています。
 僕が東進に通っていて一番よかったことは、自分に自信が持てたことです。通常授業だけでなく、土曜特訓や夏トレαの効果も大きいと思います。そして、僕自身もがんばりました。八チャレなど自習室が集中して学習できる環境になっていて、とても学習に取り組みやすかったです。集中してやると、やった分だけ自分の自信や力になります。やはり最後には、努力は人を裏切りません。がんばって良かったと強く感じます。
 また、その他にもテストでがんばったり、良い成績をとったりすると、よく先生方にお褒めの言葉をいただきました。結構僕は、その先生方の反応を楽しみにがんばることもありました。そのような些細なことでも、勉強するきっかけになりました。次も、また次もがんばろうとするその繰り返しでどんどん成長することができました。
 具体的に僕ががんばったことは、一、二年生の復習です。復習は一、二年生のうちにしっかりやっておくことが大切です。三年生になってからでは遅いです。早いうちに自分の勉強のリズムをつかむと安定しやすいと思います。その手助けをしてくれたのが東進です。
 本当に東進ゼミナールで学んで良かったです。力を出し切ることができました。