NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 07 月 16 日
多治見北高校 普通科合格 合格
笹俣 聖也(南ヶ丘中学校卒)

 手にも顔にも・・・僕の体中が汗まみれだった。車の中、僕はそんな状態で座っていた。午前九時、僕の不安は全て喜びに変わった。友達も全員受かったみたいでほっとした。
 今から約一年前、内申点を上げるため東進に入った。最初の頃は、知らない子が多くとても不安だった。だけど、東進の話の授業はとてもおもしろく、ためになった。
 東進の夏期講習。確認テスト、百分授業、宿題、夏トレα・・・あっという間に終わった。とても大変だったけれど、夏期講習をきちんと行うことにより、岐阜テストで東濃上位を獲得することができた。そんな成果を出そうとすると、やはり夏期講習をきちんと行うべきだと思う。
 東進の冬期講習。年末特訓、地獄の二日間だった。絶対多北に受かるぞ、そう思うことで頑張ることができた。そして、冬期講習が始まった。最後の仕上げと思い授業を受ければ、志望校合格に近づくと思う。
 ついに入試直前講座が始まった。志望校合格に向かって、猛勉強した。何としても受かるぞ、絶対に受かるぞ・・・そんな事を考える度に僕は猛勉強していた。
 そして、入試当日。僕は、声が出ないほど緊張していた。午前九時二十分、テストが始まった。深呼吸をして問題を見る。行けるぞ。僕はすらすら解いていた。五教科とも自分の力を発揮することができた。
 そんなことを振り返り、もう一度番号を見る。ほっぺたをつねってみる。夢じゃない。僕の番号はあった。僕の喜びはどんどん大きくなり、気づいたらいつまでも友達と喜びを分かち合っていた。