NEWS合格体験記

合格体験記
2016 年 07 月 07 日
多治見北高校 普通科合格 合格
渡辺 千尋さん(泉中学校卒)

 私は、東進に小学校4年生から6年間ずっと通い続けて、今日、志望校だった多治見北高校に合格することができました。
 小学校4年生の頃は初期メンバーがわずか3人でした。その分、先生が1人1人を丁寧に見てくださり、今までついて行けなかった 学校の授業もついていけるようになりました。小学校5、6年では「立体四目」や「ワンダーイングリッシュ」など遊び感覚で勉強ができ る機会ができ、塾に行くのが楽しみになりました。
 でも、中学校に入ると勉強量が急に増え、勉強が嫌になって、正直、中学校1、2年生はあまり必死になって勉強した記憶はありま せん。そして、中学校2年生の終わりに「プレ入試」というのがありました。その成績は多北志望の人の中で下から5番目でした。英語 に至っては下から2番目の成績でした。そんな足を引っ張っていた英語を克服してくれたのが、中学校3年生の夏期講習であった「α 講座」です。ここで、スラッシュリーディングを学び、足を引っ張っていたはずの英語が一番の得点源になっていました。それからは 得点の伸びはあまりなかったけれど、安定して高得点がとれるようになりました。
 今、6年間での東進の出来事を振り返ってみれば、すべての出来事が志望校合格に結びついていたのではないかと思います。小学生 で基礎を完璧にし、学ぶ楽しさを教えてもらった。その意欲的に学ぶ姿勢で中学校に入り多北を目指せるだけの得点をとれるようにな った。多北を目指すにあたり足りないところがどこかを教えてもらった。それが授業により克服できた。そして安定して得点が取れる ようになり、多北合格に至る、というように。だから、小さいうちから東進に入って、今まで続けていてよかったと思っています。  6年間ありがとうございました。