NEWS合格体験記

合格体験記
2022 年 04 月 21 日
多治見高校 普通科 合格
北陵中学校出身

 僕は一年前、中学三年生へと上がり、受験生になりました。しかし、僕のテストの点数は下がってしまっているのが現状でした。そんな、気持ちの締まらないまま僕は受験へのスタートを切りました。本当に自分が合格できるのだろうか、今やっている勉強法は正しいのだろうか、合格できなかったらどうしよう。伸びない点数、目標に向かって一生懸命に努力しているライバル、込み上げてくる不安を目の前に、僕は今何をすれば良いか分からなくなりました。そんなモヤモヤした気持ちのまま、母と三者面談に行きました。僕は正直もう高校を変えなければならないだろうと思い、面談を受けました。しかし、塾長は僕に「良い選択だと思う」「今まで通り頑張りましょう」と声をかけてくれました。先生の意外な言葉に一瞬戸惑いながらも、自分はまだ多治見高校を目指しても良いのだと思い、やる気にものすごくつながりました。また、先生方や親の期待を裏切りたくはないと、今までよりもっと努力をしてやろうと思いました。土曜特訓、冬期講習ととても大変でしたが、それが終わると今までにない達成感のようなものがありました。それもあってか、中学最後の実力テストでは、自分の目標としていた点数より30点以上も多くの点を取ることができ、とても嬉しかったです。塾の受験対策テストでは、少しずつ点を上げていくことができて自信になりました。また、何より受験前に「頑張ってこいよ!」と先生がひと声かけて下さったことが一番嬉しかったです。僕が合格できたのは、先生方の一言ひとことに救われたからだと思います。ありがとうございました。