NEWS合格体験記

合格体験記
2021 年 04 月 22 日
帝京大学可児高校 STコース 合格
中部中学校出身 女子

 私が中学校に入学してからのはじめの目標は可茂地区の高校はどこでも行けるぐらいの学力をつけることでした。しかし、中学1年生の中間・期末テストでは、偏差値の高い高校の合格レベルに達していませんでした。ものすごく悔しかったのを覚えています。中学2年生になって、ライバルがたくさん出来ました。ライバルに勝ちたくてたくさん勉強しましたが、はじめは負け続けていました。そのことに悩んでいたら、ほぼ毎日自習室に通い続けている東進生の仲間に会いました。その仲間に誘われて最初はしぶしぶ自習室に行きましたが、通っているうちに、学力がどんどん上がっていくことを実感できるようになりました。テストの点数や成績が中学1年生の時よりも上がっていました。そのわけは、一人で集中出来るスペースがあり、分からないところがあったら、すき間時間に先生に教えてもらうことが出来たので、その日に解決出来たからだと思います。
 また、学校のワークを2回取り組める東進専用の紙があり、それで取り組んだからこそ、ワークの評価が上がるだけではなく、学力を定着させることが出来ました。そのおかげで、ライバルに勝つことが出来、勉強する楽しさを実感することが出来ました。「毎日は大変じゃない?」と多くの人に言われましたが、テストの点数や成績が向上し、ライバルに勝つことが増え、勉強の楽しさが分かった今、大変だと思ったことは全然ありませんでした。一人のライバルに自習室を勧めたら、その人もテストの点数や成績が上がりました。自習室を使うことでお互いが切磋琢磨し合える仲間になりました。
 また、進路指導で、学校の先生・塾の先生両方に、「可茂地区の高校はどこへでも行けるよ」と言われた時は本当に嬉しかったです。毎日の積み重ねが良い方向へ繋がることが出来ました。
 これからも自分の夢に向かって、毎日努力していきます。みなさんもライバルをつくって、自習室をたくさん活用していこう!! ありがとうございました。