NEWS合格体験記

合格体験記
2021 年 04 月 22 日
武義高校 普通科 合格
緑ヶ丘中学校出身 男子

 僕は三年生になって初めて東進ゼミナールという塾に入りました。それまでの通知表の成績は、一年生の時は二十八、二年生の時には二十九と三十を越えたことが一度もありませんでした。期末テストや実力テストの結果を見ても、三百五十点や、時には三百点ぎりぎりの時もありました。その時の僕には行きたい高校がありましたが、当時の成績では合格するはずもありませんでした。
 そんな時に友達から、「東進ゼミナール」という塾を紹介してもらいました。はじめは入るつもりはありませんでしたが、成績を上げたいと真剣に思い始め、塾に入りたいと思いました。
 塾に入って初めての授業は社会でした。しかし、その日はテストの日で、何も勉強してこなかった自分は授業が始まる直前の十五分間を集中して勉強しました。すると、十五分で全部暗記してテストで満点を取ることが出来ました。このとき塾で勉強することの魅力に気づき、勉強に熱中できるようになりました。言い方を変えると勉強しないと塾のテストで良い結果が出せないので、勉強したくなくても、勉強するしかありませんでした。三年の一学期では、先生に「その高校は少し難しい」といわれショックを受けましたが、塾のおかげで、期末は四百点代、成績は三十五と、一年生の頃とは別人のようになりました。一、二年の頃は合格するか怪しかった高校も受験が終わってから、絶対に合格していると自信が持てるようになりました。東進がなかったら合格できていなかったと思うと、勉強の大切さを気づきました。高校でも東進から多くのことを学んで、大学合格を実現させたいです。