NEWS合格体験記

合格体験記
2021 年 04 月 22 日
多治見北高校 普通科 合格
瑞浪中学校出身 女子

 私は、小学五年生から五年間東進ゼミナール瑞浪校に通いました。東進に入るまでは、どちらかというと私は勉強が苦手な方でした。特に数学が苦手で、先生に質問も出来ずにいましたが、先生方は私が理解するまで根気よく教えて下さいました。また英語や国語、社会では面白い覚え方を提案してくださったので楽しく勉強することができました。このような先生方の支えがあり、私は岐阜新聞テストで地区一位をとることができました。
 東進で得たものは学力だけではありません。それは友達、時にライバルとして高め合える仲間です。東進には塾独特なピリピリした雰囲気はありませんでした。みんな仲が良くて、東進で初めて話をして、今も交流を続けている友達がたくさんいます。
 また、東進ではこれからの人生で大切なこともたくさん教えてもらいました。その中でも特に私が衝撃を受けた、塾長がモットーとされている言葉を紹介したいと思います。それは、「セミは夏を知らない」という言葉です。セミは夏しか生きていないから、冬の厳しさも、春が訪れる喜びも知らないという意味です。私達はこの言葉を受験のつらい時期に教えてもらいました。今はつらいからその状況がずっと続くのではないかと感じますが、その先には春、つまり合格があるのだと。この言葉を支えに私はつらい受験の時期を乗り越えることができました。
 このように、東進では、努力、仲間、そしてこれからの人生で大切にしていきたい言葉を学びました。
 私にとって、東進で過ごした五年間はかけがえのない大切な日々でした。
 最後になりますが、私を多治見北高校合格へと導いてくださった先生方、支え合い、高め合ってきた仲間には本当に感謝しています。東進に入って本当に良かったと心から思っています。