NEWS合格体験記

合格体験記
2021 年 04 月 22 日
多治見北高校 普通科 合格
北陵中学校出身 女子

 私は、中学二年生の夏期講習から東進に通い始めました。記憶に残っているのは、最初の英語の授業でした。学校と違い、みんなが静かに一生懸命問題を解く姿に、とても衝撃を受けました。また、まわりの人達よりも問題が解けなくて、すごく悔しかったのを覚えています。今までは自分より点数が高い人を見ても感心していただけでしたが、東進に入って自分の位置を実感し、上を目指したいという気持ちが強くなりました。
 受験に対する気持ちが変化したのは、中三の夏期講習と、土曜特訓でした。昼から夜まで今までの学習内容を復習し、分からずに放っておいた単元が理解できるように頑張ることができました。また、夏期講習と土曜特訓は授業前にテストがあり、見直さなくてはいけなかったため、生活のリズムが整い、進んで起きているときは勉強できるようになりました。土曜日の昼は毎回東進で授業があったため、日中に勉強する気が以前より起きるようになりました。そして、自分で学習することができるようになりました。東進に入る前の私は学校の宿題だけをやっていましたが、東進に入ってから五教科ごとにノートを作り、復習するようになりました。入る前から今まで、内申点は十点ほど上がり、五教科の点数は百点ほどアップしました。そのことも、多治見北高校を受験する自信になりました。
 私が東進で教えてもらったことは。勉強の仕方でした。分からないことも親身になって教えていただきましたが、勉強に対する意欲と姿勢、環境を自分で作り、自主的に励むことができるようになったのが私の一番成長したところです。これからも勉強への意識を高め、同じ高校の仲間と互いに協力し合ってよりよい将来を築いていきたいです。