NEWS合格体験記

合格体験記
2021 年 04 月 22 日
岐阜高校 普通科 合格
東中学校出身 女子

 私は、中学校に入学すると同時に東進に入りました。入った方が中学校の期末テストなどで良い点がとれると思ったからです。東進に入って思った事は、学校の授業が「習う時間」ではなく、「復習する時間」になることです。東進では、先行して教科の内容を進めるので、学校の授業で自信を持って挙手することができるようになります。それは、成績アップにもつながります。
 次に東進の夏期講習や冬期講習について話します。東進の講習では、毎時間のはじめに、基礎を身に付けるための小テストを行います。事前に配布された勉強もとから出題されます。三年生の夏期講習では本当にたくさんテストを受け、夏休み明けの実力テストでは、特に理科・社会で点数が上がりました。
 そして土曜特訓です。東進の土曜特訓は一期と二期に分かれており、一期では受験に向けての総合演習を行い、二期では模試を行いました。約五回行われる模試では、受験本番同様に時間配分を考えてテストを受けることができます。また、塾内の順位や志望校別順位など細かく順位が出るので、やる気がアップします。私は土曜特訓のおかげで受験本番では、落ち着いていつも通りテストを受けることができました。
 最後に東進の良さについて話します。塾と聞くと「たくさん宿題が出て面倒くさい」とか、「聞いているだけじゃつまんない」と思う人もいるかもしれませんが、東進は違います。先生たちは寝る間も惜しんで、私たち個人に合った課題をつくってくれたり、相談に真剣に乗ってくれたりするので、通えば通うほど、どんどん勉強するのが楽しくなります。東進に行けば、必ず点数が上がるし、辛い受験勉強も、先生や仲間と一緒に乗り越えることができます。私が第一志望校に合格することができたのは、三年間どんなときも生徒を想って授業をしてくださった先生と勉強に集中できる環境をつくってくれた仲間のおかげだと思います。東進に入って本当に良かった!!!