NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
多治見北高校 普通科 合格
S.Sくん(東可児中学校卒)

 僕はこの中学校3年間、東進へ通っていました。その結果、高校に無事合格できたのですが、僕は、一番大事なのは土曜特訓に参加することだと、今改めて実感しています。

 土曜特訓は、毎週土曜日にある受験対策講座で、どの教科もまんべんなく対応できる、とても良い機会でした。しかし、最初は、土曜特訓と通常授業を合わせて計八時間塾にいるのがとてもつらくて、先生の話をぼうっとしていて聞いていない時もありました。また、土曜日は、土曜特訓が始まる前までは遊んでばかりいたので、遊びたいなと思っていて集中して授業を受けていなかったこともありました。でも、回数を重ねていく内に慣れてきて、集中して授業に取り組めるようになり、だんだんと入試本番で発揮できる力の上限が上がっていきました。そして、土曜特訓第二期では、一期で学んだことを実戦形式で確認できて、一期での経験が糧になり、上位をキープすることができるようになりました。そこでの結果が、受験本番でテストを受けるときの自信になり、分からない問題も時間がある限り解くといった良い癖をつけることにもつながりました。

 このように、土曜特訓が受験本番に与える影響は大きく、土曜特訓をやっているのといないのとでは、入試前での立ち位置が変わってきます。だから、しっかり土曜特訓を受講して、合格をつかみ取って下さい。