NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
多治見北高校 普通科 合格
H.Sくん(小泉中学校卒)

 僕が東進に入ったのは、中学一年生の時です。入った当時は東進の中であまり頭が良くありませんでした。塾ではたくさんのテストがあり順位が分かってしまい、低い点数を取っているのがとても悔しかったです。周りに頭が良い人ばっかりで、その人達に勝ちたいという気持ちが僕の成績を上げていったと思います。三年生になると、夏期講習や冬期講習、土曜特訓などでテストや宿題が多く出されます。正直、やりたくなかったので宿題を適当にやるなど、少しさぼっていました。家の勉強時間もゼロになり、勉強に対しての意識がとても低下していました。一年生や二年生の時、負けたくないと思い努力して上げてきた順位も、いつのまにかとても下がっていました。みんなが当たり前のように勉強をしていなければいけない時にさぼってしまった罰だったと思います。順位を見て改めて気がつきました。さぼっていては第一志望に受からないことを。さぼっていては、みんなに追い抜かされていくことを。東進の生徒のおかげで努力ができ、東進の生徒のおかげで再び成績を上げることができました。そして第一志望の多治見北高校に合格することができました。振り返ってみると、高校に合格することができたのはライバルのような存在がいたからだと思います。ライバルのような存在がいることで、努力ができ、成績を伸ばせました。だから、東進でライバルのような人を見つけて頑張れたことが僕の思い出です。