NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
多治見北高校 普通科 合格
Y.Nくん(広陵中学校卒)

 僕は、東進ゼミナール西可児校で4年間学び、多治見北高校に合格しました。これは、今まで僕のことを指導して下さった多くの先生方のおかげだと思っています。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

 東進での思い出は、数え切れないほどたくさんあります。その中でも特に印象に残っているのは中3から始まった土曜特訓です。最初の頃、自分の時間をどんどん奪っていく土曜特訓が正直僕は気に入りませんでした。合格合宿のときは、朝から夕方まで塾で勉強しなければならず、とても辛く、塾を辞めたくなったこともありました。しかし、そんな生活を続けている中でも、苦手な数学や英語の点数がどんどん伸びていきました。だからこそ、土曜特訓の中での確認テストや、演習を続けることで、自然と力が身につき、自分の実力を伸ばすことができるものだと僕自身実感することができました。それから、僕は土曜特訓を通して、何かをやり遂げることがとても大切だということに気がつきました。先生からもらったプリントや課題をやり切る、そして分からない所はそのままにせず、先生に聞いて解決する。これを繰り返し継続することこそ、必ず実力アップに結びつくと思いました。また、さぼったり、怠けたりすると自分が苦しむことになります。合格発表の時の喜びは、土曜特訓を通して苦しいことも辛いことも必死に乗り越えてきたから生まれたものだと思います。だからこそ、土曜特訓や各種講習、通常授業においても、受験勉強を通して苦しいことも経験をし、つらいことも乗り越えなければならないと思います。

 そして、東進の先生方からは多くの言葉を頂きました。その言葉は、今でも僕の支えとなっています。挫折しそうなときや逃げ出したいときに僕を助けて下さいました。勉強は黙々と机に向かいペンを走らすだけの厳しいものです。それを支えて下さるのは先生方で、東進の先生方は生徒1人1人としっかりと向き合い、正しい方向へと導いて下さいます。そして何より、知識だけではなく、人生における基礎や大切なことを教えて下さいます。東進で築いたものは、自分への自信となり、誰にも奪うことのできない財産となります。僕は、東進で得た財産を大切にし、新たなステージへと進みたいと思います。今まで本当にありがとうございました。