NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
可児高校 普通科 合格
H.Nさん(西可児中学校卒)

 私は今、志望していた可児高校に合格できてとても嬉しいです。小学6年生の時、友達に誘ってもらい、東進に入塾しました。初めての塾で、少し緊張もありましたが、これから頑張ろうという気持ちでやる気が出たのを今でも覚えています。

 中学生になると、塾の時間帯も夜になったり、それまでとは違い、一気に勉強する量も時間も増え、やっていけるか、ついていけるかなど不安になりました。部活動も始まり体は疲れるし、勉強面では学校の宿題と塾の宿題もあり、こなすのに精一杯でとても大変になりました。さらに、中学2年、3年になるにつれ、勉強の内容も難しくなり、問題を解くのにも時間が掛かってしまうことが多くなりました。そこから、面倒くさいという気持ちも出てきてしまい、塾に行きたくないと毎回思っていました。塾の時間に間に合うように夕食を準備し、送迎などを協力してくれる家族にも、私は素直になれず、前向きになれない自分がいました。しかし、そんな私の勉強の姿勢を変えるきっかけを作って下さったのが、東進の先生でした。先生は私に、「あなたが頑張ってくれるから私も力をもらえる。やる気をもらえる。頑張ろうと思える。ありがとう。」と声を掛けて下さいました。私はまた頑張ろうとやる気が出ました。勉強に対して前向きになれるよう励ましてくれたのは東進の先生でした。先生は、苦手な単元はできるようになるまで一緒に問題を解いたり、類題のプリントを何枚も用意して下さり、私を徹底的にサポートして下さいました。そして、問題の途中ですぐに質問をしていた自分を、1人で最初から最後まで考え解決できるようになるよう成長させて下さいました。ちょっとしたことでもすぐに質問をしてしまう私でしたが、わからない問題に出会ったときにまずは自分で考えてみる、必要があれば解説を読んでなぜかを考える、一緒にやった問題を自分の言葉でもう一度説明できるように解き直しをし、自分の力で解決できるようになりました。私は先生が自分の為に一生懸命寄り添ってくれたことがとても嬉しく、成長していく自分にも少しずつ自信が生まれてきました。そして、私は自分の為だけに頑張るのではなく、先生にも喜んでもらいたい、良い点数をとって成長して家族を喜ばせたいと思うようになっていきました。そこから、自分の周りの人や家族への感謝の気持ちが自然と出てきました。これからも、自分自身がいろんな人に支えられていることに感謝し、この気持ちを忘れずに高校でも頑張っていきたいです。今まで本当にありがとうございました。