NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
可児高校 普通科 合格
M.Kさん(西可児中学校卒)

 私は、中学2年生の冬に東進に入塾しました。その頃の私は、平均点が取れれば満足していました。学校のワークやノートなどの提出物も評価がBを取れれば、満足していました。しかし、もうすぐ受験生だと思うと、このままではダメだと思い始めました。受験生としての最初の一歩を踏み出した私を全力で応援して下さったのが、東進でした。

 私は5教科の中で国語が1番点数を取ることができ、得意な教科でした。でも、最初から得意だったわけではありません。入塾してすぐに、先生が問題集を1冊やるきることを提案して下さいました。コツコツ進める事が苦手で溜め込むクセがある私は、やり切れるかどうか不安なりました。しかし、いつでも隣には先生がいました。先生は、一週間ぐらい毎に、どこまで進んだのかをチェックして下さったり、ミスをした問題の解説をびっしり書き込んで下さいました。それを繰り返すことで、国語の問題を解くコツを体が覚えていき、単元テストでは100点をとることができました。いつしか、めんどくさいものだと考えていたテストが、達成感あふれるものに変わっていきました。私は、先生がテストに対する意識付けとして、私達に伝えて下さった言葉を今でも覚えています。

「テストは自分自身を知ることができるよいチャンス。テスト=自分試しなんだよ。」

 私はこの言葉を大切にして、どんなテストにおいてもポジティブに取り組むようにしました。そして、その言葉こそが、勉強に対してネガティブだった私を変えてくれたと思います。

 私は東進に入塾して本当に良かったです。東進には、頑張って努力したことを全力で褒めて下さる先生方がたくさんいます。どんなに小さな疑問でも全力で教えて下さる先生方がいます。やる気がなくなり、気が緩んできたところに全力で喝を入れ、時に全力で叱って下さる先生がいます。東進では勉強だけでなく、人間性も磨くことができます。この約1年で学んだことは、生涯にわたって活きていくと思います。受験生として過ごす日々は辛かったですが、東進のおかげで乗り越えることができました。今まで本当にありがとうございました。