NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
可児高校 普通科 合格
H.Sくん(広陵中学校卒)

 僕が東進ゼミナールで学んだことは、大きく3つあります。

 1つ目は、「1分1秒無駄にしないこと」です。これは、塾長が常に言っていた言葉です。僕は、受験生であるにも関わらず、授業が始まる前や休み時間に友達と話をしてばかりで、時間を無駄にしていました。そんなときに、塾長が中3受験生に対して、時間を無駄にする僕たちに厳しく叱ることがありました。僕は、その時から自分自身を見直すことができ、塾長の厳しい言葉を聞いてから、友達と話す時間をできるだけ最小眼にし、自分がやらなければならないことを、時間を無駄にせずに行うことにしました。また、どうすれば時間を効率的に使うことができるか、効果的な勉強方法も学ぶことができました。

 2つ目は、「勉強の質を高めること」です。僕は、この言葉に出会うまで、丸つけはするけれど、見直しはしないという勉強法をしていました。そのため、なかなかテストの点数が上がらず、伸び悩んでいました。そんなとき、この言葉を中3の秋の進学ガイダンスで聞きました。それから、丸つけをし、自分がどこで間違っていたのかを確認し、しっかり頭で整理した後で、次の問題にいくという勉強をするように変わっていきました。

 3つ目は、「常に感謝を忘れないこと」です。僕が合格できたのは、いろんな人達に支えられていたからだと思います。遅い時間まで勉強する僕を送迎してくれる両親、相談にのってくれたり、ライバルとなってくれる友人、分からない問題を教えてくれたり、苦手な単元のプリントをくれたりなど徹底的にサポートして下さった東進の先生方。僕は、たくさんの人達に支えられたと思うし、これらの方々がいなかったら、僕は合格をしていなかったと思うし、多くのことを学ぶことができなかったと思います。周りの人達には感謝の気持ちでいっぱいです。

 だから、これからも東進で学んだことは忘れずに大切にし、さらに多くのことを学び、自分自身を磨いていきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。