NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
可児高校 普通科 合格
A.Sさん(西可児中学校卒)

 私は、東進ゼミナールで学んで驚いたことがあります。

それは、塾生に対する東進の先生方の愛情が熱いことです。私は、その愛情をいろんな場面で感じました。その中でも、特に2つ印象に残っていることがあります。

 1つ目は、東進に飾られている掲示です。私の校舎には、塾生へのエールがびっしりと書かれている手書きの掲示が多く飾られています。私は、進路に対して不安を感じたときにその掲示をみて、何度も元気をもらいました。

 2つ目は、先生からの応援メッセージがつまったノートです。勉強で使用するノートに、塾長がたくさんのメッセージを書いて下さり、入試の直前には表紙にびっしりとメッセージを書いて下さいました。このノートは、実際に入試の時に持っていきました。入試の直前になると、私はやはりすごく緊張しました。しかし、「大丈夫!!」「自分の努力を信じて」「できるよ!」など、ノートに書かれたメッセージからパワーをもらい、落ち着いて入試を受けることができました。

 私は、先生方からたくさんの愛情をもらって「自分を信じる」ことの大切さを学びました。入試まで、勉強づくしの毎日で、結果が思うように伸びないときもあり辛かったです。でも、東進の先生方は、いつでも私達の味方で、いつでも私達を支えて下さったし、いつでも私達のことを信じて下さいました。だから、私も良い点数が取れなかったり、結果が出なくとも自分を信じて頑張りました。

 「人は自分が思った通りの人間になる」

これは、教室に飾られている手書きの掲示に書かれていた名言です。今の自分があるのは、自分の可能性を信じて勉強を頑張ってきたからです。そして、自分の可能性を信じることができたのは、東進の先生方が自分を最後まで信じてくれたからです。本当に感謝しています。今まで本当にありがとうございました。