NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
中京高校 エクシードコース 合格
A.Mさん(瑞浪北中学校卒)

 私は五年間東進に通いました。小学生の頃は、計算トライアルを必死にやり、スペシャリストまでたどりつくことができました。宿題もやりこなし、授業もまじめにがんばりました。これで中学校へ行っても、実力テストや期末テストは百点満点だろうと思っていたら、実際はそんなに甘くありませんでした。しかも、クラブ活動もしていたので塾の授業に宿題と、いくら時間があっても足りないくらいでした。

 そんな中学校生活を過ごしてきた結果、三年生になってからの三者懇談で、塾長から「このままだとどこの高校も難しいぞ」と言われました。そこでやっと今までの行動の情けなさと、勉強する意識の弱さにショックを受けました。塾長からは「夏期講習でみんなの頑張りの上を行け」とアドバイスをいただきました。どうする事がみんなより上の頑張りかを自分なりに考えて、自習室には毎日一番に入り、毎日約十時間勉強することにしました。勉強内容も工夫して、確認テストや授業で間違えた問題をもう一度復習することにしました。頭の使いすぎで夜に眠れない日もありました。私の人生の中で一番頑張ったと言っても過言ではないと自信を持って言えます。その結果は岐阜新聞テストで百二十二点アップしました。

 またこの頑張りを東進の仲間が見ていてくれました。「最近がんばっているね!」と声をかけてくれ、涙が出そうになりました。周りにいる子はライバルなのに、私の頑張りを認め、励ましてくれました。そんな仲間がいるから、お互い頑張れる。受験は団体戦だと言うけれど、正にそうだと実感しました。東進では勉強だけではない、自分と向き合う強さ、親友の大切さといった、いろいろなことを学ばせて頂いたと思います。これから先も大変だと思いますが、この五年間の自信を忘れず、どんなことにもチャレンジしていきたいと思います。