NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
関高校 普通科 合格
A.Tさん(下有知中学校卒)

 私は中三の夏から東進の集団授業に通っていました。当時の私は特に行きたい高校もなかったので適当に岐阜北高校とかに行けたらいいぐらいにしか思っていませんでした。夏期講習の時は一日八時間以上勉強していて、今思い返せばすごく頑張っていたと思います。

 しかし秋頃には、自分はなぜ岐阜北高校に入りたいのかと思い始め、周囲の子たちは目標の高校に絶対に合格する!!という熱意や目標持っているのに、私は全く持っていないことに気がつきました。     

目標がなくなって、勉強をやる気も失っていました。塾長に話をしたら、熱心に聴いてくれて、最終的には岐阜高校に行く(つもりで勉強する)という目標ができました。目標が無いまま勉強するより、自分で目標を決め、与えてもらって勉強した方が頭に入りやすかったので、目標を決めることの大切さがよく分かりました。また、行きたい高校がないからと行ってうだうだして勉強のやる気がなくなっても仕方ないと思いました。自分の中にあったのも「甘え」だと気づくことができました。

 その後の冬休みは元日も休まず勉強して平均十時間を越えるほどでした。人生で一番勉強しました。塾長に録音してもらった激励メッセージを聞きながら勉強し、冬休みを終えました。休みあけの実力テストでは今までの最高点をとることができて嬉しかったです。私は関高校を受験し無事に合格することができて良かったです。東進に通って自分よりもレベルの高い人たちと勉強してとてもいい刺激になりました。