NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
関高校 普通科 合格
K.Sさん(旭ヶ丘中学校卒)

 僕は、東進ゼミナールに通うことで大切なことを知ることができました。

それは、自分が本当に行きたい高校を、正しく選べたということです。僕は、岐阜高専と関高校のどちらを受けるか、ということで悩んでいました。どうしても自分で決めることができず、塾長に相談をしました。塾長は真剣に相談に乗ってくださり、色々なアドバイスをして下さいました。その中で塾長がおっしゃった言葉の中に、今でも忘れられないものがあります。

 それは、「岐阜高専と関高校では極端に進む道が違ってくる。間違えたと思っても、もう道を変えることはできない。だから、自分の将来を考えたときに、どちらが本当に自分に合っているのか、どちらが自分の描く将来に近づけるのか見極めなければならない。」という言葉です。

 僕はその言葉を聞いて、とてもすっきりしました。なぜなら、その言葉を聞いた瞬間、この高校だと決心することができたからです。その後の学校での面談でも、自信を持ってこの高校に行くといえるようになりました。

 僕は今回の進路選択を通して、進路を選ぶときは広い視野で自分の将来を考えることが大切だと知ることができました。一見簡単に思えるかもしれませんが、いざ進路を選ぶとなると難しいものです。僕はこれからもこの言葉を忘れず、これからの人生を歩んでいきたいと思います。東進ゼミナールに通うことができて、本当に良かったです。ありがとうございました。