NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
関高校 普通科 合格
W.Hさん(緑ヶ丘中学校卒)

 私が東進に初めて通ったのは小4のときで、本格的に入塾したのは小6のときでした。姉の影響で、「通ってみたい!」と思い入塾したのを今でも良く覚えています。

 私が関高校に合格できた一番の理由は、講習や土曜特訓で毎回行われる確認テストだと思います。

 特に大変だったのは中3の夏期講習です。塾や学校の宿題をやりながらも毎日ある塾の確認テストの勉強をしなければいけないため、とても大変でした。しかし、受験に向けて一番大切な夏休みに、勉強する習慣や学力がつき、関高校合格に近づいたと思います。

 東進には単元テスト、確認テスト、実力テストなどの様々なテストがあります。このテストを受ければ受けるほど自分に自信が持て、本番の受験でも自分の力をしっかり発揮できたと思います。みなさんも是非、一回一回のテストを大切にしてみて下さい。

 受験で大切なのは当日のテストだけでなく内申も大切です。私の内申を上げてくれたのは塾の授業です。

 塾に通う前は、挙手、発言などがあまりできていなかった私ですが、塾の先取り授業で重要なポイントを教えて下さったおかげで自信を持ち挙手ができるようになりました。また、定期テスト前にはプレテストや、テストに出やすい問題を何回もしてくださったおかげで、定期テストの点数も高くなり、内申アップにつながっていったと思います。

 みなさん、塾の授業を大切にして、内申アップを目指してください!

 勉強ばかりしていても大変なので、時には自分の好きなことをしてリフレッシュすることも大切にしてみてください!

 自分の目標に向かって受験当日まで、全力で頑張って下さい!