NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
岐山高校 普通科 合格
S.Yくん(桜丘中学校卒)

 僕は他の子に比べて最初の頃は勉強への関心が低く、なんとなく勉強をしていました。けれど東進の進学ガイダンスの中で、「受験」という言葉が出てきて、今のままではいけないと思って本格的に勉強を始めました。ガイダンスや3者面談で、毎日3時間以上は勉強に取り組むことを決め継続しました。はじめての岐阜新聞学力テストではあまり良い結果を取ることができずに、先生に相談しました。すると先生は様々なことを教えてくれました。まだ簡単に諦めてはいけないこと、落ち込むことよりも自分に足りないところを見つけて直していくこと、2回3回と回を重ねていくうちに今の点数を下げずに上げていくことなどを教わりました。
 冬期講習の中で、6回のテストがあったけれど回を重ねていく中で、前は解くことができなかった問題が解けるようになった時すごく達成感があったし、テストの時間配分にも気をつけて余裕を持つことができるようになりました。
 そして東進では勉強を教えてくれるだけでなく、社会を生きていく上で必要な礼儀や心構えを教えてくれました。ガイダンスの中で先生は、「何のために勉強するのか、この勉強して何を学ぶことができたのか」を考えなさいと言いました。昔や今を振り返るだけではなく未来を見据えて今何を取り組むべきなのか学ぶことができました。