NEWS合格体験記

合格体験記
2020 年 05 月 23 日
岐山高校 普通科 合格
Y.Kくん(藍川中学校卒)

 僕は、中学3年生の夏期講習から東進に入塾しました。最初は、とても緊張して毎日塾に行くのにドキドキしていました。しかしその緊張に慣れるとリラックスして勉強することができるようになっていきました。授業の最初に確認テストがあるので、僕はそれに合格すれば良いと言う考え方ではなく、満点で合格しようと思い、家でしっかりと準備をしてテストを受けていました。また確認テストで間違えても、次間違えることがないようにその場で覚えようと努力しました。
 土曜特訓第二期では先生がテストを採点してくださるので、どこが違っているのか、どこが足りないのかなどがわかりやすく、しっかり理解することができました。また全体で解説をすることによって、なんとなく選んでたまたま正解だった問題もなぜそれが正解なのか、なぜ他の選択肢では間違いなのかをしっかり理解することができました。その時は間違いの選択肢でも他の問題では正しい選択肢として出ることもあったので、正解の選択肢以外を検討することも大切な勉強だと知りました。
 東進の入試直前模試では、制服を着て入試と同じ時間割でテストを受けました。それが練習になり入試の雰囲気を知ることができました。入試本番では緊張したけれど焦ることなくテストを受けることができました。
 僕は、入塾する前は、家で遊んでいることが多かったけれど、東進に入塾したことによって、勉強する習慣がつき、家でも勉強することが多くなりました。東進に入塾して、コツコツ勉強するようになったことで高校に合格できたのだと思います。