NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
岐阜北高校 普通科 合格
S.A.さん(那加中学校卒)

私が小学生の頃から目標としていた岐阜北高校に合格する事ができたのは、東進ゼミナールで2つのことを学べたからです。
 1つ目は、「線引き読み」です。「線引き読み」とは、文章の大切な内容や質問などが記されている所に線や印を付けることで、問題文を最後まで読み、質問の内容を正しく理解する方法です。私は、中1の頃からずっと文章の読み取りが苦手で、問題が思うように解けずにいました。また、他の教科でもこの事が原因で、点を落としてしまうことが多々ありました。この頃に教えて頂いたのが、この方法です。すぐに点が伸びる事はありませんでしたが、先生に教えて頂いた通り、地道に続けていった結果、だんだんと文章や問題の内容を正しく理解出来るようになり、ミスが減りました。実際の入試では、文章や問題の内容を間違えることなく取り組むことができました。この方法を学んでいなければ合格することはできませんでした。
 2つ目は、「志望校がまだ手の届かないものでも、簡単に諦めてはいけない」という事です。私は中3の一年間で、得点が伸びきらず、ときには「もう岐阜北高校は無理なのかもしれない」と思うこともありました。そんな時私を支えてくれたのは、先生方の励ましの言葉です。諦めそうになった時、先生方の言葉を思い出す事で「ぎりぎりまで頑張ろう」と思う事ができました。先生方の言葉を信じて最後まで頑張った結果、得点を伸ばすことができ、志望校を変えることなく受験に臨み、合格することができました。
 中学校3年間、東進ゼミナールに通う事ができて本当によかったです。東進ゼミナールの先生方には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。