NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
恵那高校 理数科合格 合格
H.A.さん(明智中学校卒)

 私は、印象に残っていることがたくさんあります。まず講習授業と土曜特訓です。
夏期講習では毎日、長時間授業があり、確認テストの量も異常でした。また、私は水泳もあったため、限られた時間の中で終わらせていくのがとても大変でした。宿題や確認テストの量が多く、正直嫌になることもありましたが、同じ東進生や先生方、家族がいたから頑張れました。冬期講習は夏期講習より少なかったものの、夏期講習と変わらず確認テストの量が多かったです。不合格もあり、やる気を失いかけたこともありましたが、少しでも合格数を増やそうと頑張れました。
 土曜特訓では特にⅡ期が高校合格につながったと思います。入試の予想問題を45分で解く訓練をしましたが、最初の方は英語を全て解ききることができませんでした。しかしその後どんどん速く解けるようになり、本番で緊張した中でも余裕をもって臨めました。
 また、速読の「理社1000本ノック」も効果的だと思います。私は社会が苦手ということで、社会ばかりやりました。その結果、入試の地理は全問正解することができました。
 私は東進ゼミナールでライバルの大切さも学びました。テストで○○さんより高い点数を取ろうとモチベーションを上げて取り組む事ができました。また、家族に送迎をしてもらったり、弁当を作ってもらったことで東進に通えました。これからも感謝していこうと思います。