NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
可児高校 普通科 合格
N.T.さん(東可児中学校卒)

 私は社会が苦手でした。社会は暗記科目なので暗記を頑張れば点数が上がると分かっていても、苦手意識から社会を勉強する事を遠ざけてしまっていました。そのため覚えないといけない語句がどんどん増えていき、もっと分からなくなり、基本の語句も分からない物が多いまま、受験生としての1年が始まってしまいました。しかし、各講習や土曜特訓などの確認テストで社会の語句を覚え直す機会がたくさんありました。私は、その確認テストでその場しのぎで覚えずに毎回しっかりと覚えることを心がけてやりました。そして、ほとんど落ちずにやり切り、夏期講習を終えただけでもその前と比べるとだいぶ社会ができるようになりました。また、少しの期間をあけて次の講習でもまた同じものを覚えて確認テストをやるので、少し忘れて来たなというときにもう一度覚え直すことができました。1年で三回くらい同じようなものをやるので確実に頭に定着させることができました。とくとく入試会でも春からやるごとにどんどん社会の点数が上がっていき、頑張った結果が点数にも表れていて嬉しかったです。だんだん社会ができるようになってくると、社会に対しての苦手意識も少しずつ減っていき、家でも積極的に社会の勉強をするようになりました。
東進で勉強して、くりかえしやることの大切さを感じたので高校でもそれを大切にしていきたいと思いました。