NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
多治見北高校 普通科 合格
C.H.さん(東可児中学校卒)

 私が東進ゼミナールに通始めたのは、小学校六年生の頃でした。その頃から現在までの間に、この東進ゼミナールの先生方の手厚いサポートのおかげで大きく成長することができました。
 特に印象に残っていることは、中学二年生の頃から始めた社会の特訓でした。私は社会が苦手だったので、何とか克服したいと思っていながらも逃げてばかりでした。でも。そんな時、東進の先生から「今のうちからコツコツやれば、きっと力になるはずだから頑張れ!」とアドバイスをいただきました。そこからは、少しずつではあったけれど、自分の「苦手」を克服していきました。最初の方は、東進で使ったテキストの二回目を解いたり、間違えたところの解説を丸写ししたりするところから始めました。テキストを一ページ進めるのに一時間もかかってしまうことも多くあり、「面倒だな」と思ったこともあったけれど、その度に東進の先生の励ましの言葉のおかげでやり続けることができました。
 今では、社会に対しての苦手意識を持つことが無くなったので、この自信が合格を後押ししてくれたような気がします。だから、高校生になってからも、社会や、その他の苦手なものにもコツコツ立ち向かっていきたいです。