NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
可児高校 普通科 合格
A.O.さん(広陵中学校卒)

 合格発表当日、少し緊張していた。高校は定員が割れているけれど、もし落ちたらどうしようと思っていた。だから自分の受験番号を見つけた時、喜びと同時に、今までの出来事がフラッシュバックした。
私は、小学校6年生の時に東進ゼミナールに入った。小学校のうちはよかったが、中学校にあがると、部活との両立が厳しく、成績も伸び悩んでいた。
「このままではやばい」
そう気づいた時、もうすでに中学3年生の夏期講習が始まる頃だった。まず、Sクラスに入ることができず、私は焦った。しかし、もっと焦ったのは、1年生で習ったはずの内容をほとんど忘れていたことだった。そんなとき、先生が「こうすると良い。これをやったらどう?」などたくさんのアドバイスをして下さった。そのアドバイスをもらったことをきっかけに、私は変わった。夏期講習の確認テストでは、満点が取れるよう頑張り、講習が終わってからも、分からない問題をほったらかしにせず先生に質問し、自習室にもたくさん利用した。そして、その努力の結果、私は冬期講習ではSクラスに入ることが出来た。レベルの高いクラスの授業についていくことは大変だったけれど、授業が終わってからも塾に残り、とにかくたくさん勉強し、自分自身の最大限の努力をした。そして、私は見事合格することができた。「自分が生まれ持った可能性を、自分自身の最大限の努力を通じて発揮すれば、絶対に志望校に合格できる。」まさに、その通りだ。私は、東進で最大限の努力をすることの大切さを学び、一生懸命頑張っていれば、応援してくれる人がたくさんいて、自分を支えてくれる人に対して感謝の気持ちを抱くことの大切さも知った。ここまで、これたのは先生方のおかげです。これまでの努力が無駄にならないよう、これからも頑張っていこうと思う。ありがとうございました。