NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
関高校 普通科 合格
R.A.さん(緑ヶ丘中学校卒)

 私が受験勉強にまじめに取り組むきっかけは、中学二年生で初めて行った岐阜テストプレです。そこで私はできると思っていた自信が打ち砕かれ、逆に志望校に絶対合格するという決意を固めることができました。このテストを行っていなかったら私は、自分がまだ関高校に合格するための力がないことに気づくのに時間がかかっていたと思います。だから私は中学二年生で岐阜テストプレを行い、自分の実力を知ることができて良かったと思っています。
 東進の課題はたくさん有り、時には「もう勉強したくない」と思ったこともありました。でも塾の友達がみんな宿題を終わらせてくると考えると負けたくなくて、精一杯頑張ることができました。塾生は、皆自分よりも頭が良く、焦ったり危機感を感じたりして、いつも緊張感のある中で取り組めたことは本当に良かったと思っています。また、課題をこなすことで勉強が身につき、解ける問題が日に日に増えていくことは本当におもしろかったです。さらに、単元テストや月例テストの順位がはっきり表されることで、自分のモチベーションを上げることにつながったとも思います。
 私は、正直勉強をすることは嫌いでした。でも、まじめに勉強と向き合ってみて、前より、勉強することに苦痛を感じなくなったし、楽しいと思えることが増えてきました。そう思えるようにしてくださったのが東進の先生方で、自分の夢を見つけることもできました。今では得意教科は社会で、苦手であった英語も克服することができました。
 本当に三年間、色々なことを学び、考え、特に今年一年間は成長できた年だったと思います。これからも勉強が難しくなって、今以上に苦しいこともあると思います。それでも努力することを忘れず、常に全力で頑張っていきたいと思います。