NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
岐阜高校 普通科 合格
A.F.さん(緑ヶ丘中学校卒)

 私が岐阜高校を目指すようになったのは中学二年の冬です。
中学一年ではあまり成績が伸びず、悩んでいました。そんな時、たくさんの先生や友達からアドバイスをもらい勉強の方法を変えました。すると成績が徐々に上がっていきました。中学二年ではさらに点数が伸びて、三学期には通知表でオール5をとることができました。この成績を塾長は私以上に喜んでくれました。と同時に塾長から初めて「岐阜高校を目指してみないか?」と言われました。私は岐阜高校のことを「天才しか行けないところ」と考え、自分が行けるとは夢にも思っていませんでしたが、その考えが百八十度変わりました。まず、私は岐阜高校がどんなところなのかを実際に見に行きました。想像以上に綺麗でとても立派な校舎でとても惹きつけられました。同時にここで勉強している自分を想像してみると、「ここじゃなきゃ嫌だ」という気持ちをその時初めて持つことができました。
 その後、私は「岐阜高校に絶対に合格して自分の中のライバルに追いつく」という目標を立てて、勉強の量ではなく質にこだわって毎日コツコツ勉強しました。ライバルがいることにより、自分の中のモチベーションを常に高い状態に保つことができました。私は自分よりレベルの高いライバルがいることにより、成績を上げることができたと思います。また、分からない問題が出てきたときに絶対に諦めずに自分の力で考えました。私は自分の力で考えることと、自分よりレベルの高いライバルを目標とすることが大切だと今回の受験を通して思いました。
 塾長の一言がなかったら今の私はないと思います。そして、私がどんなに落ち込んでいても支えてくれたのは家族、東進の先生方、そしてとても大切な同じ受験生の仲間たちです。周りの人たちを大切にしてきたことが合格への近道であったと今、実感しています。みんな、本当にありがとう。