NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
関高校 普通科 合格
T.H.さん(西中学校卒)

 東進では進学についてあまり実感を持てていなかった私に、高校、大学へと進学することの目的を教えてもらいました。特に、「高校はゴールではない」という言葉はとても心に残りました。
 勉強の仕方に関しては、何冊も問題集や参考書を用意するよりも、一冊分を選択肢や問題文までやり込むことが重要だと知ることもできました。今まで一回やれば大丈夫と思っていたことを、何回も何回も見直し白紙に書き出したりすることで点数も上がりました。大切なのは先生に言われたことを素直に実行することと、自分で勉強の仕方や今自分がやるべきことは何かをきちんと考えることだと痛感しました。「面倒だから後でやろう」「疲れたから休憩でテレビを見よう、スマホをいじろう」は自分に対する甘えです。本当に達成したいことに向けて小さなことを我慢することで、目標は達成できるものと気付かされた貴重な時間を過ごすことができたことに感謝しています。
 この受験を通して多くのことを学び、気付くことができましたが、高校は自分の進路を決めていく階段でもあります。次はもっとレベルの高い「大学入試」に立ち向かうために、毎日の努力と計画をこつこつと積み上げ、後悔のないような三年間を過ごしたいと思います。自力で自分の限界まで学力の向上に努め、自分の将来の選択肢の幅をどこまでも広げたいです。