NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
多治見北高校 普通科 合格
M.G.さん(陶都中学校卒)

 東進ゼミナールに通うことで自分の成績に自信をもって入試をむかえることが出来ました。
 私は東進ゼミナールに小学校6年生の冬期講習から、約3年間通っています。この塾に入ろうと思ったきっかけは、学校での算数がついていけなくなったからです。小学生の時点で算数についていけていないのは、あまりにも不安で、よく家で家族に手伝ってもらいながら計算ドリルをやっていました。私以外の同級生はすぐに終わり、特に苦に感じていなかったと思います。ですが、私にとっては分からないの連鎖でとてもつらかったです。このまま中学生になってみんなについていけるのか、本当に今の自分のままで後悔しないのか。そのことを考えた結果、塾へ行くことになりました。
 東進ゼミナールを選んだ理由は、ただ兄が通っていたということだけです。入塾当初は別にどこの塾でも良かったのです。ですが、中学校に通い始めて様々なテストをしていくうちに、この塾で良かったと思えるようになりました。
 1番は数学です。あんなにも苦手意識をもち、最も不安だった教科が今では得意分野で最も点数の稼げる教科になっています。そして不安がなくなったことで、他の教科も順調に点数が上がっていきました。
 もう1つこの塾で良かったと思えるのは、順位が明確であることです。1年生のときは東濃での順位が出ていたので、入試に近づくにつれて自分の実力がよく分かり、安心して北高を目指すことができました。そして土曜特訓でたくさんの入試対策テストをして、順位が高く、内申もたくさんあったので、入試本番は落ちるわけがないと考えて自信をもってできました。自信をつける上でこの塾はどこよりも優れています。今は、胸を張ってこの塾に通うべきだと言えます。