NEWS合格体験記

合格体験記
2019 年 04 月 22 日
可児高校 普通科 合格
S.A.くん(蘇南中学校卒)

 僕が東進で学んで合格に結びついたと思うことはたくさんあるが、大きくまとめて2つあります。
 まず1つ目は「分からない問題はすぐに調べて、それでも分からないときは友達や先生に聞くこと」です。勉強の内容が進んで行くにつれて、複雑で難しい問題がいくつもありました。けれど、分からなかった問題を先生に聞くと、すぐに丁寧に教えてくださいます。また、問題が分かっていても時間が経つと忘れてしまうかもしれないから、塾長からもらった×→+カードというものを使い、繰り返し練習して覚えることが出来ました。
 2つ目は「自習室を使うこと」です。東進の自習室は、塾が開いている時間はいつでも使えるので勉強をはかどらせることが出来ました。しかし、中学2年生まではテスト期間中だけ利用していたけれど、中学3年生になってからは授業がない日も塾に来て自習室を何度も利用するようにしました。
 3つ目は「友達と協力したり競争したりすること」です。1つ目でも言ったように、分からない問題があったときには、お互いに聞いたり教えたりすることが出来ました。それによってお互いにより深く理解することが出来たからです。また、東進ゼミナールでは単元ごとのテスト結果が壁に貼り出されます。そして今の自分の位置と友達の位置とを比べて、もっと頑張ろうと思うことが出来ます。友達と自習室を使うことによってもお互いに「負けないようにしよう」と頑張ることが出来ました。
 僕はこれらのことが出来たから可児高校に合格できたと思います。しかし、初めからこのように取り組むことは出来ませんでした。だから高校では入学当初から意識して取り組んでいきたいです。