NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
岐阜高校 普通科 合格
安藤 美彩(東中学校卒)

 私が岐阜高校に行きたい、と思い始めたのは、中三の夏休みも過ぎる頃でした。今まで勉強に対して、真剣に向き合ってこなかった私にも「受験」という大きな壁がぶつかってきました。
 私は社会が本当に苦手で、点数の浮き沈みが大きかったため、社会の点数を安定して上げることを目標にしました。受験前の土曜特訓では、いくつもの小テストをしたり、先生が確認するべきところを何回も伝えてくださったりしました。また受験直前には、総合問題や過去の問題をたくさん解いて、間違った所や、あやふやな所を教科書で確認する、というサイクルを繰り返しました。先生は覚えが悪い私にも、根気強く何回も教えてくださいました。本当に、この最後の追い込みがあったからこそ、落ち着いて受験に向かうことができたと思います。
 そして何より多くの場面で先生方に支えていただきました。私が、「数学なんて」と口に出していた時、考え方を変えることができるよう、前向きな言葉をかけてくださいました。私が不安で泣いている時、ずっと側で優しく励ましてくださいました。真正面から私と向き合ってくれる先生方の、期待に応えたい、そんな想いもあり勉強への頑張りにもつながりました。
 入試当日は、もちろん不安や焦りはあったけれど、今まで積み重ねてきたことを思い出して受けることができ、内申に助けられながらも合格を手に入れることができました。
 小学四年生からの六年間。一日も「塾に行きたくない。」なんて思うことなく、本当に楽しくて明るい東進に通い続けられました。勉強の仕方だけでなく、勉強とのつき合い方を深く学ぶことができました。この環境があったからこその、今の私なのだと思います。
 六年間お世話になりました。東進に通うことができて本当に幸せです。ありがとうございました!!