NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
多治見高校 普通科 合格
小野 乃亜(陶都中学校卒)

 私が、東進ゼミナールで学び、合格に結びついたと思うことは、普段の授業を受ける時のやる気です。東進の授業は、学校の1回の授業の4、5回分になります。また、基本的なことから発展的なことまで習うので、1回1回の授業が受験対策になっていました。受験に向かって、1回1回の授業をどれくらい本気でのぞむかで、自分の力になっていくものだと実感しました。だから、私は、自分の勉強に対するやる気が受験の合格につながったと思っています。
 また、受験に向けて、大きな力をつけることができたものはもう1つあります。それは土曜特訓です。土曜特訓のⅠ期では、基本的な重要事項を改めて確認することができました。もう一度復習したことにより、忘れていた内容もインプットすることができました。また、毎回あった確認テストで重要語句の確認ができたことも、自分にとってプラスになりました。そして、土曜特訓Ⅱ期では、Ⅰ期で復習した内容をもとに、本番と同様のテスト形式でテストを行い、自分がしっかりとインプットしているか、さらにそれをアウトプットできているかを確認することができました。テストでは、英語の英作文をどのように書いたら良いか分からなくとも、簡単な英作文の組み立てのコツを教えて頂き、またそれを実践することで、少しずつ解答に近づけていくことができるようになりました。何度もテストを行ったことで、たくさんの形式で出される問題にも慣れることができたと思います。また、先生方に添削をしてもらい、解説をしっかりしてもらえることで、自分の足りない部分にも気がつくことができたと思います。
 このようなことから、私は、授業を受けるときのやる気の大切さ、土曜特訓が志望校合格につながったと感じています。これから先も、あらゆることに前向きにやる気を持って取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。