NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
可児高校 普通科 合格
河合 悠真(東可児中学校卒)

 僕が、東進で学んで、合格につながったと思うことやものは4つあります。
1つ目は、「東進の勉強の黄金サイクル」というものです。これは、予習→テスト→授業→復習→予習というサイクルを実践する勉強です。僕は、東進に入ったばかりの中1の冬頃までは、テストでは平均点以下ばかりでした。しかし、入塾してから、英語は単語テストの勉強、国語は漢字の勉強というように、予習をする機会が多くなりました。さらに、勉強は復習をしないと内容が定着しないので、僕は、宿題は毎回必ずやるように心掛けました。この黄金サイクルに従って勉強するようになってからは、テストでは平均点以上とれるようになりました。 2つ目は、先生から頂いた国語のテキストです。僕は、国語の文章問題が特に苦手で、記述の問題はとばしてしまうことが多々ありました。しかし、テキストを繰り返しやり、東進の線引き読み法でどこを読みとるか分かるようになり、記述でも正解できるようになりました。 3つ目は、テストです。テストでは、自分ができないところがどこか分かる上、他の人と自分を比べることができ、結果によっては悔しいと感じますが、それが自分への刺激になります。苦手な分野が分かり、他の人と比べることができるので、テストは勉強においてなくてはならないと感じました。
最後は、理科と社会のテスト対策用のテキストです。これらは、1つの単元を4、5回くらい繰り返し練習できます。僕は、社会が苦手でした。しかし、繰り返し取り組むことで、少しずつ良い点数をとれるようになりました。
このようなことから、勉強する上で、「勉強の黄金サイクル」が、自分にとって大切であり、これを実践することで、合格につながったと僕は思います。東進で学べて良かったです。ありがとうございました。