NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
多治見北高校 普通科 合格
溝口 凜(東可児中学校卒)

 私は、小学6年生の春から入塾し、4年間東進ゼミナールでお世話になりました。この4年間、東進ゼミナールに通い続け、多くのことを学ぶことができました。
 東進ゼミナールに通い始めた最初の頃は、テストの点が非常に悪かったことを覚えています。小6の頃は英語しか受けておらず、夏期講習、冬期講習のみ、国語と算数の授業を受けていました。その講習では、編成テストの算数の点がクラスで下の方でした。しかし、講習後のテストでは高得点をとることができました。私は、このテストの結果を見たとき、講習を受けるとやはり違うと感じました。今まで分からず放置していた部分をしっかりと理解することができたからです。だから私は、中1からは全教科の授業を受けることにしました。
 中学生になると、宿題の量や授業の回数などが多くなり、部活といった学校との両立が厳しくなってきました。また、定期テストが近くなると、学校のワークに追われ、東進の宿題もあり、一段といそがしくなりました。しかし、東進の宿題や、東進で頂いたプリントは受験でとても役に立ったので、課題やプリント類はやって損をすることはありませんでした。私は、受験勉強で、まず何をするべきか分からなかったのですが、東進の先生方からの課題やプリント類は大変役に立ちました。
 また、東進では、様々なテスト問題を解くことができ、自分にとって大変プラスになりました。そして、受験の前に予行演習もできて、良い経験をすることができました。これらが私自身の合格につながったと思います。先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。