NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
多治見北高校 普通科 合格
鈴木 悠生(東可児中学校卒)

 僕は、小学校4年生のときから、東進ゼミナールに通い始めました。そのときは、全く苦しくなかったのですが、中学に入り、部活を始め、3日間のうち2日間は部活が終わってからそのまま塾に行くようになりました。最初は、それに時間的・体力的な余裕のなさを感じ、だんだん塾に行くのがつらくなっていきました。しかし、先生方が壁などに貼って下さった掲示物を見たときに、もっと頑張ろうと思えました。また、東進での勉強をしっかり取り組むことで、学校の定期テストや東進の月例テストや単元テスト、実力テストで良い結果を出すことができたときに喜びがあったので、継続的に勉強していくことができました。
この東進ゼミナールでは、どんな勉強をすれば良いか、どこを勉強すれば良いかなど、かなり明確に教えてもらえると思います。だから、出された宿題をきっちりこなし、東進の授業をしっかり取り組んでいけば、力は自然とついてくると思います。また、東進の黄金サイクルに従って、勉強のサイクルをつくり、自分がやるべきことを把握して、短い時間でも勉強時間をつくっていけば、点数も伸びてくると思います。
高校に合格するために、大切なことがあります。それは、中学校1年生や2年生の頃から、内申を意識していくこと。早めに自分がどの高校に行きたいのか、その先自分はどうなっていきたいかというビジョンを持つこと。そして、それに向かって、継続的に努力していくこと。これらは僕自身が高校受験を経験して感じたことです。みなさんも、東進で教えてもらえることを信じて、自分の志望校合格がつかめるよう頑張って下さい。
僕は東進ゼミナールで、大切なことをたくさん学びました。今まで本当にありがとうございました。