NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
可児高校 普通科 合格
周防 遥聖 (西可児中学校卒)

 自分の番号を探し始めた瞬間、身体中に血が巡るのを感じた。定員割れをしていたものの、初めての体験はやはり緊張した。
 今振り返ってみると、合格するために必要だったのは「諦めない粘り強さ」だったと思う。東進に入る前は、これくらいでいいと手を抜き、何事にもいまひとつ全力でぶつかっていなかった。しかし入塾後、今までに見たことのないような難しい問題が初めて自分の力で解けたとき、とても嬉しく、まるで火がついたように熱く、やる気が身体中にみなぎっていくのを感じた。それからは、いろいろな考え方を組み合わせて解く問題に多く取り組み、学校のテストなどに出てくる応用問題も余裕を持てるようになった。成功体験が意欲を引き出し、その結果諦めない心が身についた。その姿が点数だけでなく、通知表の評価も変えた。内申点が入塾後10も上がったのだ。変わった自分に自分が一番驚いた。
 この文章を読んでいるあなたもこのような体験をしたくはないだろうか。勉強することで得られるものは知識ばかりではないと思う。どんな困難な問題も諦めず頑張りぬける力がきっと身につくはずだ。勉強は私の姿勢や考え方をも変えてくれたのだから。私はこれからも次の目標に向けてさらに努力をしていく。そして将来の夢に向けて一歩一歩進んでいき、いつかは絶対にその夢を実現させる。変わるきっかけをくれた東進ゼミナール、本当にありがとうございました。