NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
可児高校 普通科 合格
椋野 日陽(広陵中学校卒)

 合格発表三分前。私の肩には力が入り、心臓はドクドクと音が聞こえるほどだった。自分が合格する姿を何度も何度も想像して、その瞬間を待った。「あった!」自分の番号を見つけたとき、身体の力が抜けて、ふわっと軽くなった。そんな気がした。
 東進では今までにないくらい勉強をした。たくさんの小テストに課題、何回も追試になりなかなか思うようにならず、本当に志望校に合格できるのかと不安になることもあった。しかし夏期講習や土曜特訓を通して、毎回のテストに備え前もってコツコツとやることで少しずつ成果が見え始め、自分の勉強のやり方が身につき、それが大きな自信になった。今までに解いたことのないような難しい問題やいろいろな考え方を知って、それがテストで発揮できたときは本当に嬉しかった。
 受験で得られるものは大きいと思う。目標に向けて一緒に頑張った友達。分かりやすく教え、優しく相談にのってくれた先生。そして、どんなときもそばで私を応援してくれた家族。たくさんの人に支えられて私は志望校に合格をした。そのことに気づくことができた。「合格はゴールではない」高校生活は中学時代とは環境が変わり大変なことも増えるだろう。まだ自分の中には不安がたくさんある。それでも将来に向かって一歩ずつ進んでいこうと決めた。高校には自分と同じくらいの学力の人や、それ以上の人がたくさん集まる。その中でさまざまな刺激を受けたり、与えたりしながら新しい一歩を踏み出していこう。自分の将来に、そして目標に向かって。