NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
多治見高校 普通科 合格
安藤 優希(駄知中学校卒)

 僕は小学6年生の時に東進ゼミナールに入塾しました。はじめは学校と塾の2つの宿題があって「大変だな」と思っていました。中学校に入りとても勉強が難しくなり、覚えるのが苦手だったので社会で点を取ることができなくなりました。そんな時、東進で教えてもらった「ゴロあわせ」のおかげで一定の点数をキープすることができるようになりました。入試の時にもとても役に立ちました。
 東進に通って、一番の思い出は中3の夏期講習です。1日10時間勉強はとても辛く大変でした。次の日のテスト勉強・宿題といろいろありましたが、なんとか確認テストで銅賞をとれた時は本当に嬉しかったです。こんな一生の思い出になるような夏期講習がなかったら高校に落ちたと言っても過言ではないくらい、助けになりました。
 他には、友達関係も大切でした。普通は関わることのない他の中学校の生徒とライバルとして勉強しました。月例テスト・単元テストでは、順位がはっきり出るので、上位を目指そうと頑張ることができました。
 最後に、自習室です。とても勉強しやすい環境で勉強がはかどりました。「自習室カード」は銀色どまりで金色になれなくて少し残念だったけれど、たくさん自習室を使えたので良かったです。
 僕は本当に東進ゼミナール瑞浪校で学ぶことができて良かったです。4年間、丁寧に勉強を教えて下さりありがとうございました。