NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
岐阜高校 普通科 合格
山口 琴愛(下有知中学校卒)

 中2の冬から入った。このままだとやばいと思ったからだ。でも塾に行くのは正直嫌だった。面倒くさいし、学校以外にも勉強をしなければいけない場所ができたからだ。学校は友達だっているし昼休みとか給食とか、行事だってある。だから好きだった。でも塾にはそういうものがないと思っていて、行きたくなかった。
 しかし、いざ入塾したら、とても楽しかった。それは塾で過ごす時間が長くなるほど増していった。授業は塾長や他の先生のおかげでとても面白かった。笑いすぎて泣いたこともあるくらいだった。そして夏期講習のときにはお弁当の時間があり、私は新たな友達ができた。それからも自分から話しかけて、塾にはいつの間にか、友達がたくさんできた。多分塾にいる、半分以上の子としゃべったことがある。これは、人見知りだった私からしたらすごいことだ。東進に入って、人として成長することができた。
 私は、東進の先生方には本当に感謝している。岐阜高校に行きたいと言ったとき、真剣に向きあってくださった。学校の先生には無理だということを遠回しに、ときにははっきり言われたり、レベルを下げて上位にいた方が良いとも言われた。そんなことがあっても自分の意思を曲げなかったのは、塾長がいたから。塾長が信じてくださったから今の自分があると思う。感謝しかないです。
 これからも、自分らしく、東進で学んだことを胸に前へ進みたい。