NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
岐阜北高校 普通科 合格
大島 香音(桜丘中学校卒)

 私は中3の夏期講習から塾に入りました。毎日確認テストがあって、その勉強だけで精一杯だったのに、当たり前のようにこなしていく周りの塾生を見てとても焦りました。「他の塾生は私よりも前から塾に入っていて、知識もあるのだろう。その分だけ遅れをとっている。」ということを痛感しました。慣れない中で何とか頑張って、夏期講習を終え、通常授業が始まりました。基本的には学校の先取りだったので、学校の授業も少し楽になり、定期テストではとったこともない高い点をとることができました。
岐阜北高校に合格するうえで一番役に立ったのは土曜特訓です。特に第2期では、50分のテスト形式の問題を何度も解きました。その1つ1つを完璧に仕上げることで中学3年間の基本を定着させるのはもちろん、発展問題に対応する力をつけることができました。また、実際の入試よりも少し難しい問題だったので、このテストで8割くらいとることができれば、入試では9割ぐらいとることができると感じました。また、入試本番に難しい問題が出題されても落ち着いて解くことができたと思います。中3の夏から頑張ったおかげで合格発表までの1週間も安心して過ごすことができました。そして、志望校に無事高校に合格することができました。東進に入って一番良かったと思ったことは、同じ高校を目指すライバルとともに自分を高めあうことができたことです。やる気が出ないときも、周りが頑張っているのを見るとやらなければいけないという気持ちになり、頑張ることができました。
入塾してから1年間、頑張って本当によかったし、東進に入ってよかったです。