NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
岐阜高校 普通科 合格
坂井 みなみ(那加中学校卒)

 小学校の頃から憧れていた岐阜高校に合格することができて、とてもうれしいです。東進ゼミナールで学んできた中で、特に合格に結びついたと実感したことが2つあります。
1つ目は、講習や通常授業での確認テストです。特に夏期講習や土曜特訓の時の確認テストは大変でした。基本事項が多く、こんなことばかりやっていて本当に合格できるのかなと思ったこともありました。しかし、入試の過去問をやってみると、確認テストを通じて身につけた基本事項の大切さが実感できました。漢字、重要語句、出題されやすい記述など、基本的なことをしっかりと身につけることで自信をもって入試を受けることができました。
2つ目は中3の9月に行われた、秋の進学ガイダンスです。夏期講習と第1回岐阜テストが終わり、何となく気持ちがゆるんでいた時、同じ塾生の岐阜テストの結果を知り、大きな刺激を受けたからです。高い目標を持って努力して、結果を出している人がたくさんいました。志望校のボーダーを越えて満足するのではなく、もっと高いところを目指そうと考えるようになりました。ガイダンス後は講習で使ったテキストを復習したり、土曜特訓で間違えた問題を解き直したりして、入試まで順調に努力を続けることができました。
 東進ゼミナールでは、基本の大切さや、高い目標をもつことなど、授業やガイダンス、先生方のお話の中で多くのことを学びました。東進で学んできたことを忘れず、高校でも頑張りたいです。