NEWS合格体験記

合格体験記
2018 年 07 月 04 日
可児高校 普通科 合格
安藤 茉央(八百津中学校卒)

 私は中学1年生から東進ゼミナールに通い始めました。この3年間で培ってきたことが高校合格へとつながっていったと思います。
 「東進」といえば、みんな頭が良く、先生方も厳しいというイメージだったので初めはとても不安でしたが、そこには「厳しいけどよく分かる授業」がありました。東進の授業は進度が速いため、理解していくのに時間はかかりますが、学校での授業が復習となり学力が定着していきます。そのことが挙手・発言につながり、内申アップも実現することができました。
 夏期講習、冬期講習や土曜特訓の確認テストは何一つとっても簡単に合格できるものではなく、準備をして臨むものでした。時には辛くて逃げ出したい時もあったけれど、やはり一つ一つの積み重ねで学力はついていくものだし、あの努力があったからこそテストの点数が上がっていったのだと実感しています。
塾長はよく「平常心」「自尊感情」とおしゃっていました。入試当日は、その言葉を思い出し、いつも通りでいこう、自分は大丈夫と思えたおかげでプレッシャーに打ち勝つことができました。
私がこの3年間東進でがんばることができたのも、親身になって教えて下さり、最後まで応援し続けて下さった先生方のおかげです。本当にありがとうございました。