NEWS合格体験記

合格体験記
2017 年 10 月 07 日
岐阜高校 普通科合格 合格
吉田 圭吾(那加中学校卒)

 僕が合格を手にした今、思うことは、志望校に合格するために必要なものは「やる気」だということです。
 僕は中学1年生から東進ゼミナールに通い始めました。2年生になったころは、兄が進学したということもあり、岐阜北高校に行きたいと思っていました。そんな気持ちを変えてくれたのは、中学3年生の夏に行われた夏の進学ガイダンスでした。このガイダンスの中で、様々な話を聞くうちに「レベルの高い高校に進学したい。」と思うようになりました。そして、志望校を岐阜高校へ変更することを決意しました。ガイダンスの翌日に塾長から「昨日のガイダンスを聞いてどう思った?」と聞かれました。僕は思い切って「岐阜高校に行きたいと思いました。」と言いました。すると塾長は「その気持ちがあれば合格は60パーセント決まった。」と言われました。その時は、まだ本格的に受験勉強をしていなかったので、そんなわけないだろうと思っていました。でも、今になって、塾長の言ったとおりだったなと思います。
「岐阜高校に行きたい。」と思った日から、勉強に熱心に取り組むようになりました。周りが遊んでいても、自分は勉強しようと思うようにもなりました。「岐阜高校に行きたい。」という強い思いがあったから、どんなことにも、あきらめずに取り組むことができ、最終的に合格を手にすることができたと思います。
 僕のやる気をださせてくれた東進ゼミナールにはとても感謝しています。
 また、将来困ったことがあった時も、必ずこの高校受験の経験が自分を助けてくれると思います。東進ゼミナールに恩返しができるように、これからも一生懸命勉強していきたいです。