NEWS合格体験記

合格体験記
2017 年 09 月 30 日
多治見北高校 普通科合格 合格
村田 拓(瑞陵中学校卒)

 僕は、小学校四年生の時に東進へ入りました。小学生のころは、勉強に関して困ったことは何もありませんでした。月例テストでも、上位をいつもとれていました。しかし、学年が上がるにつれて生徒の人数が増えていき、上位をとることが難しくなっていきました。
 最初、一位をとれなかった時は、とても悔しいと思いました。そして、だんだんとテストで一位になることが少なくなっていきました。すると、あんなに最初は悔しがっていたのに、次第にあまり悔しいと思わなくなってしまいました。一位がとれないことに慣れてしまったのです。それがあたり前のように感じていたのです。
 中学生になって、僕は久しぶりに月例テストで一位になり、一位の席に座りました。その時はとても嬉しかったです。その席に座ってから、また僕は「次も一位をとりたい。」「またこの席にすわりたい。」と思うようになることができました。
 僕は東進に入って、勉強に対する意識が変わりました。それはきっと、東進の先生方のおかげだと思います。高校に行くと、もっと勉強が難しくなると思いますが、この「一位をとりたい。」という気持ちをなくさずに最後まで頑張りたいです。