NEWS合格体験記

合格体験記
2017 年 09 月 25 日
岐阜高校 普通科合格 合格
坂井 真樹(西中学校卒)

 東進に通う前までは、東進生は点を取るモンスターの集団だと思っていた。しかし実際通ってみると、温かい教室があって学校とは違う雰囲気で楽しいと思える場だった。
まず僕が驚いたのは確認テストがあることです。特に土曜日は、部活と国理社のテストが重なり当日に内容をつめこむ僕にとっては、本当にきつかったです。そして部活が終わり、夏期講習が始まりました。そこでは、毎日二つのテストがあったので、二時からの塾でも、十時くらいから勉強をするという日々を送りました。しかし今思うと確認テストはすごい効果があったのだと思います。秋以降の時間の流れは、まさに水が川を流れるようでした。気付けば正月をこえ、卒業式をむかえていました。その間に僕は、しっかり勉強することを憶え、とても成長できました。
 自分の得意な教科は数学です。そんな数学も二年生までは、あまりおもしろく思えませんでした。しかし、そんなぼくの様子を見て、塾長がハイレベルプリントをくださり、それからはどんどん楽しくなっていきました。実際三年生前期の勉強の八割はこれをやっていました。今となって分かることですが、そこで僕は「考える力」をつけることができたのだと思います。この力こそ、僕の岐阜テスト受験においての大きなアドバンテージでした。そして三年生の夏休み、ここでしか多くの時間はとれません。だからみなさんはこの時間を上手に使って下さい。夏まではとにかく数学や英語を頑張って下さい。暗記が中心の理科・社会は夏休み、そして秋以降に力を入れて下さい。そして努力で成功して下さい。成功したものにこそ道は開かれます。