NEWS合格体験記

合格体験記
2017 年 09 月 23 日
関高校 普通科合格 合格
長谷川 実祐(西中学校卒)

 私は、小学六年生の時から四年間、東進ゼミナールで学んできました。この塾に入ってから、勉強はもちろんですが、勉強をするにあたって、どんな気持ちでやれば良いのかなども学ばせていただきました。
 私は、中学三年の一月、もう入試まで残り少ないという状況で、高校に合格できないのではないかという不安にかられました。あせりと不安でどうしようもなく、先生方に相談をしてみました。すると塾長から、リカラボの見る回数を増やすこと、社会の歴史の文化を細かく暗記することなど、たくさんのアドバイスをもらいました。何をすれば良いか、分からなくなっていた私に、手をさしのべてくれて、本当にうれしかったです。まだ、あと二か月あるということ、そして、塾長の口ぐせである、前向きに。この言葉をもらったことで、私は、自分のするべきことができ、効率よく勉強できました。
 そして、向かえた三月九日、試験日。おちついて、問題を解くことができ、三月十六日、私は、関高校への入学の切符を手にすることができました。
 いつも、私に多くの言葉をかけていただき、そして暗記できたかを確認するためのテストをしてほしいと言うと、快くいつでもやってくれた先生。本当に感謝しています。高校は中学よりも大変だというのは知っています。この塾で学んだことを活かし、予習、復習を大切にして、高校で学んでいきたいです。