NEWS合格体験記

合格体験記
2017 年 09 月 18 日
多治見北高校 普通科合格 合格
杉浦 莉緒(北陵中学校卒)

 私は3年生の春から東進ゼミナールに入塾しました。私にとって受験は初めての体験で、最初の頃はあまり何も考えておらず、ただ多北行きたいなぁとしか思っていませんでした。しかし、東進で学習を続けていくうちに、ライバル達のレベルの高さや、自分の置かれている位置を意識し始め、ただ多北に行きたいという考えだけでは大きな壁を突破できないことを知りました。上り調子だった成績もあまり伸びなくなり、何度ももう多北はあきらめようと思ったこともありました。しかし、そんな時に声をかけてくださるのはいつも東進の先生方でした。
「莉緒はすごい努力しているよ。努力を信じて頑張れ。」
 このような先生方のあたたかい言葉に私は何度も救われました。
 また、毎回の土曜特訓で行うテストの結果が張り出される度に、また次も頑張ろう、もっと頑張ろうと思えたのは、東進ゼミナールに通ってレベルの高いライバル達と競い合ったり、温かい先生方に守られていたからだと思います。  受験当日もやはり先生方は私達を大切にしてくださっていて、朝、受験校につくとすぐに「頑張れ!」、と声をかけて下さいました。緊張はまだ残っていましたが、自分の努力を信じて、やりきってくることができたと思います。悔いのないテストでした。
 そして発表日。私は朝からいろんな感情が入り混じってそわそわしていました。9時になって掲示板が見え、自分の番号があった時のあの感動は今でも心に残っています。今、私が多治見北高校に受かるために指導して下さった先生方に伝えたいのは感謝です。親身になって温かく見守って下さり、ありがとうございました。これからの未来をよりよくするためにこの1年、東進で学んだことをいかして努力を続けていきたいです。